チャロ・レミック・トーヤ君ー「七転び八起き、心優しい好青年」

Thoya_2

【支援期間】2012年9月~2014年12月

【氏名】チャロ・レミック・トーヤ

【生年月日】1994年8月10日

【学校名】Majenjeni Secondary School

【支援期間】2012年フォーム2第2学期~

【KESTES応募の経緯】マリンディリマンドホーム(児童拘置保護所)に無実の罪で入所させられた際、そこに配属されていた隊員と出会いました。拘留中の生活態度は大変良好で、昔の学校の先生が心配して面会に来るなど彼の優れた人柄も随所からうかがえたため、無事に疑惑が晴れて復学が決まったのちKESTESに推薦しました。

【担当者より】幼いころに父を亡くし、老いた母親と共に貧しい生活をしていたトーヤは、とある事件の濡れ衣を着せられ、当時協力隊員が派遣されていた児童拘置施設に入所しました。結局、無実が証明され家に帰ることになったのですが、彼の聡明さと誠実さに惹かれた隊員がKESTES奨学生に推薦し、無事にセカンダリーを卒業することができました。電気もない小さな家で夜遅くまで勉学に励み、学校での成績は常に上位。村でも青年リーダーとして小さい子どもや老人の面倒を率先してみるなど、周囲に信頼される人柄の持ち主です。トーヤならきっと周囲の人を助ける立派な大人になってくれると信じています。

【卒業後の進路】大学または教員養成カレッジへの進学を希望していますが、進学費用の当てがないため、地元で水のタンクを設置するアルバイトをして貯金をしています。

広告