【Cyrusくん近況報告】

いつも温かいご支援をいただき、ありがとうございます。
報告が遅くなりましたが、8月26日に奨学生CyrusくんのTerm2の振り返りをしてきました。今回は、KESTES委員の金清隊員、安藤隊員、森下隊員、高橋真大隊員、山崎隊員と一緒に、キツイ郡南部の学校・自宅を訪問し、本人・家族や先生方と沢山交流することができました☆

学校では、休み中にも関わらずクラス担任の先生が温かく迎えてくれ、青空の下でCyrusを囲みながら、普段の様子や課外活動のこと、建替えされた男子寮での生活などをじっくり聞くことができました。遠くからKESTESスタッフが会いに来てくれたということで、いつもはシャイなCyrusくんも終始笑顔で喜んでくれました。
気になる成績ですが、Term2は全体Grade B-(前回B)と成績ダウン。しかし学年順位は3位(前回4位)、ビジネス科目で1位になり、課題であった英語はB(前回C+)に成績アップ。Term3は、特に物理・化学・歴史をがんばるとのことです。
勉強以外では、所属する科学クラブの代表として科学コンテストに出場。地域予選では入賞、キツイ郡予選では残念ながら優勝できませんでしたが、本人は初めての遠征が楽しかったと話していました。

実は、Cyrusくんは、奨学生のなかで唯一のケニア東部出身。学校や自宅はツァボイースト国立公園に近く、周辺では巨大なバオバブを沢山見ることができます。近年は1年中雨が全く降らないため、小さな子どもから大人まで普段遠方まで水汲みをしています。電気の通ってない地域も多く過酷な環境ですが、Cyrusくん家族は元気いっぱい。自宅では、買い出しに行ったおばあちゃん・お母さんには会えませんでしたが、子どもたちが仲良く留守番していました。来年はすぐ下の妹弟2人もセカンダリーに入学する予定です。

Term3は、10月下旬にケニア大統領の再選挙が予定されており、学校や試験のスケジュールも変更になったりと大変そうですが、どうか無事故で過ごしてもらいたいなと思います。
担当樋口

 

広告