2018年度第1回KESTES総会・KESTESオークションの開催

日頃より、KESTESの活動へのご理解・ご協力、そして温かいご支援を賜り、誠にありがとうございます。

さて先日4月28日にナイロビにて、2018年度第1回KESTES総会及びKESTESオークションが開催されました!

現在のKESTES委員28名の内、22名の参加があり、様々な議題について意見交換や報告等が行われました。今回の議事の目玉でもあった新規奨学生の採用審査では新たに2名の奨学生採用が決まり、4月末から始まるterm2からは、合計6名の奨学生を支援していくことになります。

総会恒例のKESTESランチでは、今回牛丼と豚汁が用意されました。ケニアのウガリもチャパティも美味しいけれど、日頃各地方で活動に励む隊員にとって、やはり日本食は格別でした!!

また今回は、総会終了後にKESTESオークションも開催されました。KESTESオークションは帰国する隊員やその他現役の隊員から寄付いただいた物品をKESTESメンバーでオークションにかけ、その売り上げを全て奨学生の支援に充てるというものです。今回の貴重な売り上げも奨学生1人1人のサポートに繋がっていきます。物品を寄付頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

そして今回の総会は、これまでKESTESの大黒柱としてメンバーをリードしていただいた隊員2名、平成28年度1次隊石川剛章隊員、2016年2次隊笹本哲平隊員にとって、最後のKESTES総会でした。今後も彼らの熱い思いを引き継ぎ、KESTESを益々盛り上げていければと思います。

また今後とも引き続きKESTESへのご支援をよろしくお願い致します。

 

 

広告

新奨学生・Keziahちゃんの紹介

[新奨学生・Keziahちゃんの紹介]

Kestesをいつもご支援いただき、ありがとうございます!昨年12月から新メンバーになった鈴木です。
今回は前回1月の総会で新奨学生となったKeziahちゃんを紹介します!

Keziahちゃんはナイロビから北西にバスで1時間くらいのところにある、ナイバシャのマカラというところで、祖父母と暮らしています。
以前KESTESの奨学生であった現在ニャフルル大学に通っているデニス君の親戚で、デニス君も近所に住んでいます。

今年1月から、Naivasha Girls’ Secondary Schoolに入学し寮に入り、最初の学期が終わったところです。KCPEでは、すべての科目でB-以上を取り356点、クラスでは51人中2位と優秀な成績を収めて奨学生に選ばれました。

今回はターム休みということで、高橋真大隊員と自宅に会いに行ってきました。(写真は入学時に高橋隊員、大木隊員と学校訪問した際のものもあります)
セカンダリーではガールスカウトに入り、バレーボールなどの活動もしているとのこと。KCPE350点以上が入学の条件となる地域のトップ校に入学し、初めての寮生活、新しい科目と戸惑いも多かったようで、今回の成績は残念ながらC+、クラス順位は42/56位でした。
得点が悪かった科目はまだ習っていない範囲が出題されたと述べていたので、返された答案はわかるようになるまで解くこと、わからない問題は恥ずかしがらずにわかるまで質問することなどを伝え、またおじいちゃんにもサポートしてもらえるようお願いしてきました。
今後とも暖かく見守り、励まし、応援していきたいと思います!
皆さまの暖かいご支援をどうかよろしくお願いいたします。

協力隊祭2018

【協力隊まつり2018のお知らせ】

~4月21日(土)・22日(日)、J ICA市ヶ谷~

今年も協力隊まつりの季節がやってきました!

今回は、日本人初のケニア政府公認サファリガイドでケニア隊OV の加藤直邦さんによる講演会も開催します。
また、ご好評いただいている「アフリカ大陸柄」Tシャツの子ども 用など新作のKESTESグッズも販売します。

ぜひお誘いあわせの上、お越しください!!

■「協力隊まつり2018」

【日時】2018年4月21日(土)22日(日)
10:00~17:00(両日)
* KESTESブースは2日間ともに出展します。
【場所】JICA地球ひろば(JICA市ヶ谷ビル)
 東京都新宿区市谷本村町10-5
【詳細】https://www.facebook.com/e vents/766209326902265/

■ KESTES・アフリカビジネスラボ共催チャリティーセミナ ー
「日本人初のケニア政府公認サファリガイドが語るサファリガイド の仕事と野生動物の話」

【日時】2018年4月22日(日)
    11:00~12:00(受 付:10:45)
【場所】JICA地球ひろば
    国際会議場(協力隊まつり会場内)
【講師】加藤直邦氏
   ( ケニア政府公認サファリガイド・ ケニア隊OV)
【料金】無料
   (寄付金受付・KESTESサポーター1口1000 円募集)
【詳細】https://www.facebook.com/e vents/1499991753432395/

ロナルド・カシオカ・ムトゥクくんー「病気に打ち勝つ情熱と、イラストで社会を切り取る冷静さをあわせ持つ、ユニークな青年」

カシオカ単体

【氏名】 ロナルド・カシオカ・ムトゥク

【生年月日】 1999年12月8日

【学校名】 Dr. Ribeiro Parklands School

【支援期間】 2016年 1月~

【KESTES応募の経緯】
学年で成績1位と優秀だったカシオカ君は、小学校8年生の1学期に突然「ネフローゼ症候群」という腎臓疾患を発症し、療養のため学校を休学せざるを得なくなりました。もともと貧しかった家庭の経済状況は治療費のためにさらに困窮し、KCPE(ケニア初等教育修了試験)ではほぼ自宅学習だけで高得点を修めたにもかかわらず、セカンダリースクールへの進学は絶望的でした。そんな折、幸運にも日本のNGO チャイルドドクターの医療支援を受けられることになり、以前からKESTESと親交のあったチャイルドドクター職員の方の推薦を受けて、奨学生応募に至りました。

【推薦者より】
小柄で口数の少ないカシオカ君ですが、言動の端々から芯の強さを感じる少年です。成績トップの学生生活は難病発症により一転し、薬の副作用によるムーンフェイスや成長障害、何より大好きな学校に通えないというストレスにも苦しんだ彼ですが、諦めることなく勉学に励み、晴れて奨学生となりました。非凡な努力と、病気に打ち勝とうとする強い精神力を持つカシオカ君なら、きっと彼の言葉どおり、「貧しい人や弱い立場にいる人を助ける病院や支援施設を立ち上げ、ケニア社会に貢献する」人材になってくれるでしょう。趣味は風刺画を描くこと。彼の鋭くユニークな感性が垣間見れる作品の数々を、KESTESでも紹介していきたいと思います。お楽しみに!

元KESTES奨学生・キホロ博士の記念式典参列

1556435_771467999543704_1066467803_o

【イベント】元奨学生・キホロ博士の記念式典参列

【日時】2014年3月22日

【場所】セントラル州、オザヤ、Kihome Secondary School

【内容】本年度よりCooperative University of Kenyaにて教授に昇進された28年前のKESTES奨学生のキホロ博士が、母校のKihome Secondary SchoolでThanks Giving Dayを開催しました。当日は国会議員や地元有力者、学生、地元住民らを招いて盛大な式典となりました。KESTESもVIPゲストとして招待され、委員長の堀と元委員長の藤城が参加してきました。キホロ博士のスピーチでは当時の担当者黒田さん、そしてKESTESを紹介していただき、「黒田さん、KESTESの支援がなければ今の自分はない」と謝辞を述べられました。今後も第二、第三のキホロ博士が輩出できるように支援を続けていきたいと思います。